奈良研磨材製造 岡田磨布工業/研磨紙、研磨布、ペーパー、クロス、ベルト、ロール製品/奈良県香芝市

HOME

会社案内

会社沿革

個人情報取扱

お問い合わせ 

 

会社沿革

社名プレート画像

 

大正4年7月

日本古来の和紙、奈良県特産の金鋼砂を用いた和紙研磨紙メーカーとして創業。

大正末期

洋紙研磨紙の生産・販売を開始。

昭和初期

研磨布(モーター印)の生産・販売を開始。従来の手作りから機械による生産に移行。

昭和16年9月

会社組織に変更。

昭和29年6月

研磨布・研磨紙のJIS許可工場となる。

昭和30年4月

ファイバージスクの生産・販売を開始する。

昭和49年5月

木工生地研磨用接合ベルト(RWJ)の生産・販売を開始。

昭和52年4月

フィニシングペーパー(SAPS)の生産・販売を開始。

昭和55年4月

レジンペーパー(SCPS)の生産・販売を開始。

昭和57年4月

布フレックスペーパー(RCFS)の生産・販売を開始。

昭和57年9月

布三点ベルト用(RWFJJ)の生産・販売を開始。

昭和58年4月

布ディアーの生産・販売を開始。

昭和59年4月

回転・不織布研磨材の生産・販売を開始。

平成 4年9月

研磨布紙のマジック加工品の生産・販売を開始。

 

 

上に戻る